「OSナシ」には気をつけよう

オークションで中古ノートブックパソコンが売りに出されるのは、今や当たり前になってきましたがその中でも、初心者の方に注意してほしいのは「OSナシ」や「Windowsはありません」と書かれた中古ノートブックパソコンです。

OSが無いということで、値段も安くなり高スペックの中古ノートブックにも手が届くなんてこともあると思います。

ですが、このOSが無いノートブックは察しのとおり、買ってもWindowsは使えません。(当たり前ですね)

OSが無いため、別途OSを買う必要がいずれにしてもあるということになります。
さらに、ここが一番やっかいなところなのですがOSをインストールしただけでは完全にノートブックも使うことができないのです。

つまりOSの他にも「デバイスドライバ」をインストールしてあげる必要があります。
「デバイスドライバ」は略して「ドライバ」と言われますが、このドライバをインストールしてあげないと、ほとんどのパソコンはインストールが完了したとはいえないのです。

※デバイスドライバの確認はWindows左下の【スタート】ボタンをクリックしてスタートの中にある【コントロールパネル】をクリック。
コントロールパネル内に【システム】という項目があるので、システムをダブルクリックすると、システムのプロパティが表示されます。
【ハードウェア】タブをクリックして【デバイスマネージャー】をクリックすると、インストールされているデバイスドライバの一覧が表示されます。
表示された一覧の中で「?」マークがついているドライバはまだインストールされていないドライバということになります。


「けど、オレのパソコン『リカバリディスク』だけでいつも終わってるけどな」と思われた方も多いかと思いますが、メーカーパソコンの場合「リカバリディスク」が付属していて、これを使えばOSの再インストールからデバイスドライバのインストールまで全てやってくれるのです。

これに対して、OSナシパソコンを買って、別でWindowsだけ購入してインストールした場合、デバイスドライバは自分でインストールしなければならないため、パソコンメーカーのホームページからデバイスドライバをダウンロードしてインストールする必要があります。

購入した中古ノートブックがCD-ROM内蔵でなかったり、インターネットをするのに必要なLANアダプターのドライバが別途インストールの必要があったりすると、初心者の方にはかなりややこしい作業か難しい作業になってしまいます。


これらを読んで「あぁ、そういうことね」ってわかる人はOSナシ中古ノートブックを購入しても問題ないでしょうが「??」となった人は、安いからと言って飛びつくのではなく、少々高くともリカバリディスクがちゃんとついている中古ノートブックを買いましょう。

中古ノートのパーツ予備知識(CPU編)

中古ノートブックにおいてCPU選びのポイントなのは「あまりこだわらない」ことです。

中古ノートブックを買うということは、ほとんどの理由が「少しでも安く」ではないでしょうか?

だけど、安さばかりに目がいくと快適な動作ができない使えない低スペックパソコンを買ってしまうということになります。
予算内でCPUが上位タイプでメモリが少ない機種とCPUは低スペックだがメモリがたくさん搭載してある機種の2つがあれば後者をお勧めします。

「CPUは交換が難しくてメモリは増設が簡単にできるからこの場合は前者の機種を買った方が後々長く使える」
というご意見も確かに一理あります。
ご自分でメモリを増設できる方や予算に余裕のある方には前者のノートブックがお勧めでしょう。

しかし、メモリの交換をしたことがない方やこれ以上予算を増やせないけど・・・という方には後者の方がいいと思います。

パソコンを快適に動かすポイントは用途にもよりますが、まずは十分なメモリの確保が共通して快適に動かす第一歩と考えてください。

CPUというのはネットやワード・エクセル程度なら4〜5年前のCPUでも充分活躍できます。
「Celeron600Mhz」といったCPUでもメモリとハードディスクさえWindows相応
のスペックがあれば全く問題ありません。


CPUは「脳」にメモリは「机」に例えられますが、アインシュタインのような天才(高スペックCPU)がみかん箱程のスペース上(少ないメモリ)と小さな本棚(少ないハードディスク)で研究をしなさいと言われてもはかどらないだろうなと思いませんか?

大切なのは「バランス」なのです。

中古ノートのパーツ予備知識(メモリ編)

中古パーツで注意するところの2つ目は「メモリ」です。

メモリとはパソコンのOS(WindowsやMacなど)が作業をするためのスペースのようなものと思ってください。
メモリは「机」ハードディスクは「本棚」や「引き出し」といった例えをよく聞きますね。

OSの作業スペースと言われるぐらいだから、やっぱりスペースが広いと仕事も効率よくできるもんなのです。

ではWindowsの最低限必要な容量、快適な容量はバージョンごとで違ってきます。

 2000なら・・・64MB以下だとちょっと厳しい。128MBならわりと普通に動作ができて256MB以上で快適に動きます。

 XPなら・・・128MB以下だとかなり厳しく、256MBでようやく動く。512MB以上でやっと快適に動き出してくれる。

といった具合です。
ということは、中古ノートブックで販売されている「格安!WindowsXP搭載!メモリ128MB HDD6GB」といった商品はかなり動作が遅いということだけ覚悟しておいてください。
あと、ハードディスクが6GBとかだと残り容量はほとんどないというのも知っておいてください。
XPはOSだけで、ハードディスクを約4GBほど消費します。

さらに「仮想メモリ」と呼ばれる領域をハードディスクから作成するので実際データを保存しておけるスペースはほとんどありません。

ちなみにWindows2000はハードディスクを2GBほどしか使用しないため、容量等については特に気にする必要はないです。

メモリが256MBというのは新品のパソコンなどでも初期メモリとしてありますが、実は256MBはWindowsXPが快適に動くには足らないのです。

視覚効果のオフなど設定をいろいろ変更することである程度XPも「軽いOS」になりますが、やはりメモリを512MB搭載したパソコンには快適さはかないません。

購入時にメモリの増設などを販売元に依頼することもできますが、やはりそれなりの費用がかかるのも事実です。
ハードディスクの交換はいいと思いますがメモリまで増設となると、中古で「安く」買うというのができなくなってしまいます。

そこで、オススメなのが「Windows2000でメモリが256MBの中古ノートブック」です。
これだけのスペックであればワードやエクセルといったアプリケーションから周辺機器の対応状況も問題なく、長く使えるノートブックになることでしょう。

中古ノートのパーツ予備知識(HD編)

中古ノートも新品も同じパーツで構成されています。(当たり前ですね)

購入の注意点にも書きましたが、パーツにおいて注目すべき点は

 ・メモリ
 ・ハードディスク
 ・CPU

の3点に注意してください。
何が注意かというとやはり「中古」という点です。

特に中古で気をつけなければならないのが「ハードディスク」です。

ハードディスクは他の部品と違って完全な「消耗品」なのです。

使えば使うほど、年数がたてば経つほど劣化していつかはかなりの確立で故障します。
ですのでノートブックに限らず、パソコン全般はハードディスクはとても交換しやすくなっているのです。
また、ハードディスク本体も今は大容量のタイプが安く手に入ります。

ここで紹介されているのをはじめ、多くの中古ノートブックは企業でのリースアップ品(リース期間が完了しリース会社が引き上げた物件)ということは少なくても3年〜5年以上は使われてきたということになります。

ましてや、仕事で使ってきたノートブックです。
家庭用よりはかなりの頻度で使われてたかもしれません。

せっかく購入したはいいが、ハードディスクによる故障でまた購入元へ修理に出すのも時間がもったいないですよね。

ご自分で交換できれば、もしくは挑戦してみたいという方はそのまま購入するのもいいかもしれませんが自信がないとか、最初から安心して使いたいという方は購入時に容量アップも兼ねて新品に交換されることをオススメします。

ちなみにメモリやCPUといった部品は、消耗品ではないので年数や使用頻度に関係なく使えますのでご安心ください。
メモリ・CPUの注意点は別のページでご紹介します。

中古ノートブックパソコンを買うときの注意点

中古ノートブックパソコンを買うときには以下の点に気をつけてください。

 ☆CD-ROMドライブが内蔵されているか外付けドライブが付属品であるか?

 ☆LANポートがあるか?

 ☆USBポートがあるか?

 ☆Windowsが2000かXPであるか?

 ☆購入後のサポート・動作保障はどうか?

 ☆きれいか?

この6つに気をつけてください。

きれいかどうかはどこで見るか?

中古という事は、どこかで使われていたということです。

中古ノートブックパソコンのほとんどは企業でリースアップしたノートブックパソコンを再販しているのですが、クリーニングをして見た目はある程度きれいになります。

それでも、液晶画面の経年劣化や状態などクリーニングできない箇所やハードディスクの消耗などもありえます。

液晶の劣化や状態などは商品の紹介ページに記載されているのでそこはきちんと確認をしましょう。

ハードディスクですが、最初についているハードディスクでも問題はありませんがあくまでもハードディスクは「消耗品」です。

長年使い続けていれば、それなりに故障が発生しやすくなりますので購入する際に容量アップも兼ねて、入れ替えもしておくと買ってからのトラブルも減りますよ。

デジタルドラゴンでは購入時に追加オプションでハードディスクの入れ替えもできますので、自分で行う手間もなく新品のハードディスクに入れ替えられますよ。

購入後のサポート・動作保障に気をつけよう

中古ノートブックパソコンはやはり「中古」です。

新品のパソコンではないトラブルもありえるかと思います。

買ったはいいものの、万が一気に入らないという場合もあります。
気に入らないならまだしも、思っていたより液晶の劣化がひどいとか中古ならではのトラブルもありえます。

そういった時に、買ったお店からのサポートや場合によっては返品なども受け付けてくれるお店だと買った後も安心ですよね。

このブログで紹介する中古ノートブックパソコンは中古パソコンのデジタルドラゴンで販売されている中古ノートブックパソコンです。

ここのサポート体制はとてもよく、買った後も永久サポート・永久再セットアップ無料サービスなどあり安心して買う事ができます。

このデジタルドラゴンは次の7つの安心サポートがあります。

 ☆中古なのに最大2年間動作保証!(業界初)
 ☆全商品クリーニング済みで清潔!
 ☆お客様理由返品・交換OK!(業界初)
 ☆安心の24時間、年中無休、永久サポート!
 ☆らくらく代引便、元払便選択OK!運送保険付!
 ☆永久システム再セットアップ無料サービス!
 ☆高額下取りサービス!


これなら、安心して中古パソコンを買う事ができますね。

Windowsが2000かXPでないとダメなワケ

別にダメではないんです。(^^;

Windowsが2000やXPだと、とてもいいことがあるんです。

一番大きいところは、周辺機器に関するところでしょうか。

2000やXPならドライバがいらないという周辺機器がたくさんあります。

MEや98、95だとドライバソフトのインストールが必要であったり最悪機器自体が対応していないというケースもあります。

デジカメはそのままUSBケーブルで接続できちゃうし、外付けHDDもそのまま接続できるなど2000やXPはとてもオススメなんですね。

それに、ビジネスではほとんど2000かXPを使っているんですね。

ですのでビジネスに活かしたいと思う方や、パソコンをこれから勉強してみたいという方はぜひとも2000かXPを搭載したパソコンを使ってくださいね。

ちなみに98やMEもまだまだ十分使うことができるOSです。
きちんとブロードバンドインターネットにも対応できますし、市販されているソフトウェアも対応していますので、安いけど2000やXPで無いからといってあきらめる必要なんてありませんよ。

LANポートが必要なワケ

「ポート」って聞きなれない言葉だけど、ここでは「差込口」って思ってください。

で、なぜLANポートが必要かというと理由は簡単です。

インターネットするためなんです。

ADSLや光ファイバーインターネットってこのLANポートに線を差し込むんです。

無くてもPCカードに増設するタイプとかあるんだけどやっぱり初心者やパソコンに慣れていない方にしてみれば、そんな事しなくても線をサクッと差し込むだけでインターネットができるのって便利だし、結構あたりまえなんですよね。

あまりに古すぎるノートブックパソコンはこのLANポートが内蔵されていない場合があります。

2000年以降のノートブックパソコンならほぼついてはいますが、2000年より古いものになるとついていない場合がありますのでよく確認してください。

規格は10BASE-T(テンベース・ティー)と100BASE-TX(ヒャクベース・ティーエックス)の二つが主な規格ですが、ほとんどのLANポートはこの規格を満たしています。

やっぱパソコン買ったらインターネットは必須ですよね。

そしてブロードバンドインターネットで快適なネットをしたいですよね。(^-^)

USBポートが必要なワケ

ここでも出ました「ポート」。
意味は同じです。「差込口」ですね。

今や、デジカメもプリンタもマウスもほとんどUSB接続ですよね。

様々な周辺機器がUSB接続となってきましたが、これはほとんどのノートパソコンについていますので特に気にする事はないでしょう。

ポート数は1〜2となりますが、このポート数は「USBハブ」と呼ばれる機器で増やす事ができますので数がたくさんいるようになったら、USBハブの購入を検討する必要がありますね。
※USBハブとは差込口を増やす電源タップをイメージしてください。

ちなみにUSBにも規格がありまして、「USB1.1」と「USB2.0」という規格があります。
これはいわゆる「データの転送速度」が違いまして、2.0の方が速いという事です。

USB2.0は2002年以降のパソコンに普及し始めましたので、中古ノートパソコンには搭載されている事はあまりありませんが、1.1でも使う事は十分できますのでご安心を。

どうしても、USB2.0が必要になった時はPCカードで増設することができますので大容量のデータなどを外付けハードディスクに保存されるときとかは使うといいですよ。

CD-ROMドライブが必要なワケ

DVDでなくていいんです。

CD-ROMでいいんです。

CD-ROMが無いとどうなるか?

リカバリができないんですね。


B5ノートブックなら外付けでもいいのですが、なんにしてもCD-ROMドライブが無いと初心者の方にはリカバリは少々難しいと思います。

やっぱり、リカバリCDを入れて待てばリカバリができるというのが簡単ですし安心してノートブックパソコンが使えますよね。

そして、中古ノートブックパソコンはA4サイズならほとんどの機種にはCD-ROMがついていますので大丈夫ですが、B5ノートブックの場合は外付けのCD-ROMがあるかどうかというのを確認しておく必要があります。

また、B5ノートブックは外付けCD-ROMでのリカバリ方法も調べておく必要があったりしますのでパソコンにあまり詳しくない方はサポートがしっかりしている所とかをきちんと確認しましょうね。

激安ノートブックパソコンとは??

DVD焼いたりホームページ作ったりするのは机のデスクトップで、セカンドマシンは安いのがいいというあなた。

のんびり好きな場所でネットサーフィンするだけだからというあなた。

スペックはいいから安いノートパソコンないの〜?というあなた。


最低限、これだけのスペックがあれば問題ないですよ。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。