LANポートが必要なワケ

「ポート」って聞きなれない言葉だけど、ここでは「差込口」って思ってください。

で、なぜLANポートが必要かというと理由は簡単です。

インターネットするためなんです。

ADSLや光ファイバーインターネットってこのLANポートに線を差し込むんです。

無くてもPCカードに増設するタイプとかあるんだけどやっぱり初心者やパソコンに慣れていない方にしてみれば、そんな事しなくても線をサクッと差し込むだけでインターネットができるのって便利だし、結構あたりまえなんですよね。

あまりに古すぎるノートブックパソコンはこのLANポートが内蔵されていない場合があります。

2000年以降のノートブックパソコンならほぼついてはいますが、2000年より古いものになるとついていない場合がありますのでよく確認してください。

規格は10BASE-T(テンベース・ティー)と100BASE-TX(ヒャクベース・ティーエックス)の二つが主な規格ですが、ほとんどのLANポートはこの規格を満たしています。

やっぱパソコン買ったらインターネットは必須ですよね。

そしてブロードバンドインターネットで快適なネットをしたいですよね。(^-^)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。