ホームページ作成やデジタルカメラの写真編集

ホームページ作成やデジタルカメラの写真編集には次のようなスペックがあれば動作可能です。
このあたりが中古ノートブックの限界かもしれません。

 ○OS :Windows2000かXP
     ※もしME以前のOSを使うならソフトが対応しているか要確認
 ○CPU:CeleronもしくはPentiumで500Mhz以上
     ※DuronやAthlonといったAMD社製CPUも推奨です。
 ○メモリ:Windows 95/98/ME→128MB以上
       Windows 2000→256MB以上
       Windows XP→512MB以上
 ○ハードディスク:10GB以上

-解説-
Windowsが快適に動くためのスペックは必須条件です。

また、画像編集ソフトやホームページ作成ソフトもかなりの高負荷をかけるソフトなのでCPU、メモリがしっかり搭載していないとフリーズの連続でイライラだけがたまってしまいます。

やはりこれらを中古ノートブックでやろうとするならば、Windows2000にメモリを256MB以上搭載するのが一番価格とのバランスがとれて現実的ではないでしょうか?

WindowsXPで512MB搭載となるとそれは新品のノートブックが買えてしまうぐらいの値段にもなりかねません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。