中古ノートのパーツ予備知識(HD編)

中古ノートも新品も同じパーツで構成されています。(当たり前ですね)

購入の注意点にも書きましたが、パーツにおいて注目すべき点は

 ・メモリ
 ・ハードディスク
 ・CPU

の3点に注意してください。
何が注意かというとやはり「中古」という点です。

特に中古で気をつけなければならないのが「ハードディスク」です。

ハードディスクは他の部品と違って完全な「消耗品」なのです。

使えば使うほど、年数がたてば経つほど劣化していつかはかなりの確立で故障します。
ですのでノートブックに限らず、パソコン全般はハードディスクはとても交換しやすくなっているのです。
また、ハードディスク本体も今は大容量のタイプが安く手に入ります。

ここで紹介されているのをはじめ、多くの中古ノートブックは企業でのリースアップ品(リース期間が完了しリース会社が引き上げた物件)ということは少なくても3年〜5年以上は使われてきたということになります。

ましてや、仕事で使ってきたノートブックです。
家庭用よりはかなりの頻度で使われてたかもしれません。

せっかく購入したはいいが、ハードディスクによる故障でまた購入元へ修理に出すのも時間がもったいないですよね。

ご自分で交換できれば、もしくは挑戦してみたいという方はそのまま購入するのもいいかもしれませんが自信がないとか、最初から安心して使いたいという方は購入時に容量アップも兼ねて新品に交換されることをオススメします。

ちなみにメモリやCPUといった部品は、消耗品ではないので年数や使用頻度に関係なく使えますのでご安心ください。
メモリ・CPUの注意点は別のページでご紹介します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。