「OSナシ」には気をつけよう

オークションで中古ノートブックパソコンが売りに出されるのは、今や当たり前になってきましたがその中でも、初心者の方に注意してほしいのは「OSナシ」や「Windowsはありません」と書かれた中古ノートブックパソコンです。

OSが無いということで、値段も安くなり高スペックの中古ノートブックにも手が届くなんてこともあると思います。

ですが、このOSが無いノートブックは察しのとおり、買ってもWindowsは使えません。(当たり前ですね)

OSが無いため、別途OSを買う必要がいずれにしてもあるということになります。
さらに、ここが一番やっかいなところなのですがOSをインストールしただけでは完全にノートブックも使うことができないのです。

つまりOSの他にも「デバイスドライバ」をインストールしてあげる必要があります。
「デバイスドライバ」は略して「ドライバ」と言われますが、このドライバをインストールしてあげないと、ほとんどのパソコンはインストールが完了したとはいえないのです。

※デバイスドライバの確認はWindows左下の【スタート】ボタンをクリックしてスタートの中にある【コントロールパネル】をクリック。
コントロールパネル内に【システム】という項目があるので、システムをダブルクリックすると、システムのプロパティが表示されます。
【ハードウェア】タブをクリックして【デバイスマネージャー】をクリックすると、インストールされているデバイスドライバの一覧が表示されます。
表示された一覧の中で「?」マークがついているドライバはまだインストールされていないドライバということになります。


「けど、オレのパソコン『リカバリディスク』だけでいつも終わってるけどな」と思われた方も多いかと思いますが、メーカーパソコンの場合「リカバリディスク」が付属していて、これを使えばOSの再インストールからデバイスドライバのインストールまで全てやってくれるのです。

これに対して、OSナシパソコンを買って、別でWindowsだけ購入してインストールした場合、デバイスドライバは自分でインストールしなければならないため、パソコンメーカーのホームページからデバイスドライバをダウンロードしてインストールする必要があります。

購入した中古ノートブックがCD-ROM内蔵でなかったり、インターネットをするのに必要なLANアダプターのドライバが別途インストールの必要があったりすると、初心者の方にはかなりややこしい作業か難しい作業になってしまいます。


これらを読んで「あぁ、そういうことね」ってわかる人はOSナシ中古ノートブックを購入しても問題ないでしょうが「??」となった人は、安いからと言って飛びつくのではなく、少々高くともリカバリディスクがちゃんとついている中古ノートブックを買いましょう。

パソコンの「用途」とは

中古ノートブックを選ぶ際には使う目的・用途を決めてから買いましょう。

なんて言われても初めてパソコンを使う方、買う方にしてみれば「?」でしょう。

現在パソコンでできることは本当に多くなりましたが、代表的な使い方としては

 ・インターネットによるホームページの閲覧、Eメールの送受信
 ・ワープロソフト(ワードや一太郎など)による文書作成
 ・表計算ソフト(エクセルなど)によるデータ・数字統計
 ・デジタルカメラの写真やホームビデオで録画した映像を編集したりCDやDVDに保存をする。

などがよく聞く使い方(用途)です。
他にも買い物や株の取引、銀行の口座管理なんかもできるようになりました。

では、どんな使い方がパソコンのスペックを要求されどんな用途ならさほど高スペックでなくてもいいのでしょうか?
下をご覧ください。

低スペック
 ↑
 | インターネットでホームページの閲覧、メールの送受信
 |
 | 文書作成や表計算といった簡単なデータ作成
 |
 | オリジナルCD/DVDの作成
 |
 | ホームページ作成やデジタルカメラの写真編集
 |
 | ホームビデオの録画映像編集
 ↓
高スペック

このようにパソコンの用途によってはスペックが低くても問題ない場合もあります。
株の取引や、銀行の口座管理、ネットショッピングなんかも「インターネットでのホームページ閲覧」になるのでそんなに高スペックでなくてもいいんですね。

そして、各用途での具体的なスペックは以下のリンクからご覧ください。

 ○インターネットでホームページの閲覧、メールの送受信

 ○文書作成や表計算といった簡単なデータ作成、オリジナルCD/DVDの作成

 ○ホームページ作成やデジタルカメラの写真編集

 ○ホームビデオの録画映像編集

ホームページ作成やデジタルカメラの写真編集

ホームページ作成やデジタルカメラの写真編集には次のようなスペックがあれば動作可能です。
このあたりが中古ノートブックの限界かもしれません。

 ○OS :Windows2000かXP
     ※もしME以前のOSを使うならソフトが対応しているか要確認
 ○CPU:CeleronもしくはPentiumで500Mhz以上
     ※DuronやAthlonといったAMD社製CPUも推奨です。
 ○メモリ:Windows 95/98/ME→128MB以上
       Windows 2000→256MB以上
       Windows XP→512MB以上
 ○ハードディスク:10GB以上

-解説-
Windowsが快適に動くためのスペックは必須条件です。

また、画像編集ソフトやホームページ作成ソフトもかなりの高負荷をかけるソフトなのでCPU、メモリがしっかり搭載していないとフリーズの連続でイライラだけがたまってしまいます。

やはりこれらを中古ノートブックでやろうとするならば、Windows2000にメモリを256MB以上搭載するのが一番価格とのバランスがとれて現実的ではないでしょうか?

WindowsXPで512MB搭載となるとそれは新品のノートブックが買えてしまうぐらいの値段にもなりかねません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。